本文へスキップ

English Page


欧米の最先端技術を提案する専門商社

新製品情報NEWS & TOPICS

  1. トップページ
  2. トピックス
  3. 新製品情報

更新日付
2019/05/30
メーカー
NORSAT International Inc.
製品
5G普及によるC帯干渉軽ソリューション
用途
衛星通信

5G運用による既存C帯整備への影響軽減ソリューション

Norsat International社(カナダ)は、5Gアプリケーションでの干渉軽減を必要とするCバンド事業者向けの新製品(LNBおよびFILTER)をリリースいたしました。


背景

従来、C帯は衛星サービス、レーダー、およびマイクロ波リンクに使用されていましたが、LTE、Wi-Max、5Gなど地上無線業界での導入が予定されており、より幅広いサービスで共有される予定です。C帯 衛星受信システムは非常に敏感であり、干渉信号を受けることで飽和し、サービスを完全に失う可能性があります。
特に5Gの登場に伴い、C帯のグランドターミナル付近の5G基地局からの干渉をブロックまたは防止するための特殊な製品が必要とされています。この効果的な衛星通信の実現に対するNorsat社のソリューションは、C帯 干渉抑制 LNBとバンドパスフィルタです。

ソリューション 1: LNB

5Gの導入により、その強力な全方向性信号が既存のC帯信号に干渉し、放送コンテンツの配信を妨害することが懸念されています。地球局で受信される5G帯域内送信は、通常のLNBを飽和状態にするか、または衛星からの所望の信号を劣化させるといった望ましくない相互変調積を生成する可能性があります。
Norsat社の内部フィルタを備えた5G干渉軽減 LNBは、地上局でのサービス中断を防ぐことが可能で、放送局、メディアハウス、テレビ配給会社、その他のC帯ユーザー様に最適なソリューションです。
3200-BPF、C帯 5G Interference PLL LNB

o C帯(5G、レーダー、Cバンド送信機)の地上波干渉を排除
o 劣化なしで-25 dBm未満の干渉信号を軽減
o NorsatのBPF-Cと併用して5G干渉のさらなる除去が可能
 

ソリューション 2: FILTER

C帯 5G干渉バンドパスフィルタにより、5G信号から干渉源を除去することが可能です。これらの不要なスプリアス信号が除去することで、相互変調積やLNB飽和などの問題を回避できます。
このC帯バンドパスフィルタの特徴として、挿入損失の少ない広通過帯域、クイックなロールオフによる急峻なスカート特性、高阻止帯域除去率が挙げられます。
BPF-C C-band 5G Interference Filter

o フィードとLNBの間に簡単に設置
o NorsatのCバンドLNBとの使用に最適
o 耐環境シール、耐湿性(IP66)
o C帯 地上波干渉を排除
 

バナースペース


アスコット株式会社

本社:
〒530-0035
大阪市北区同心2-4-8
TEL 06-6352-0207
FAX 06-6352-0576

東京営業所:
〒214-0014
川崎市多摩区登戸3398-1-5F
TEL: 044-930-6238
FAX: 044-930-6189